下肢静脈瘤は治療が可能|免疫力を強化する治療法

先生
腹痛

免疫力を強化する治療法

人間の体に備わっている免疫力を、強化することでがんを治療することが可能です。免疫療法と呼ばれるがんの治療法なら、メスを入れること無く体の内側でがんを治療することが出来ます。

下肢の静脈瘤の原因と予防

足

血液が逆流する病気

下肢静脈瘤とは、下肢の表在静脈(筋肉と皮膚の間にある表面の静脈)にできる静脈瘤のことです。心臓から全身に運ばれた血液は、静脈をとおって再び心臓に戻るのですが、下肢の血液は、重力に逆らって戻る必要があるので、静脈瘤ができやすいのです。血液の逆流を防ぐため、静脈には弁がついているのですが、これが機能しなくなると、血液がそこに停滞し、瘤のようにふくらみ、痛みを伴ったりします。この下肢静脈瘤の治療や予防として、下肢の筋肉を鍛えることや、圧力をかける靴下やストッキング(弾性ストッキング)を着用することが挙げられます。運動によって下肢の筋肉を鍛えることも、弾性ストッキングによる圧迫療法も、いずれも、静脈血を心臓に戻す力を高めるという治療効果があるのです。

改善するには

下肢静脈瘤になりやすい人の特徴は、日常生活において立ち仕事の多い人が挙げられます。性別では、女性が多く、男性の二倍の割合となっています。年齢では、高齢者が多く、加齢とともに静脈の弁が機能しなくなり、症状が進行するという傾向があります。他に、体重の重い肥満者に多い傾向があります。条件が同じでも、発症する人としない人がいるので、遺伝的な要素が関係すると言われています。つまり、肉親に下肢静脈瘤の治療を受けている人がいれば、発症の可能性が高いのです。下肢静脈瘤の治療としては、昔から硬化療法という方法が使われています。原因となる静脈に硬化剤を注入し、その静脈をふさいでしまう方法です。最近は、レーザー治療など、他の方法も開発されています。

カウンセリング

在宅ホスピスに対応

がんが末期になったら、治療の負担を減らして快適な最期を迎えられるようにホスピスを選ぶという患者は多くいます。梅田クリニックでは自宅で療養ができるよう在宅ホスピスに対応しています。

痛がる男性

がん検診の重要性

自分の大切な命を守るためには定期的ながん検診が必要と言われますが、特に女性の場合は乳がん検診がすすめられています。 がんの中でも乳がんは早期に発見すれば、その後の生存率はかなり高くなると知らされています。